恐怖がない

歯科医院・麻酔も痛くない無痛治療とは

歯科医院に行きたくない一番の理由は、(痛いから)です。痛みを軽減するために麻酔を行いますが、(その麻酔の注射が痛い)という人も少なくありません。そこから生まれた考え方が(無痛治療)です。痛みなく麻酔を行えれば、患者さんの体にかける負担を減らすことができます。その一つが、(痛くない)細い針です。最近の針は刺さる感覚が少なく、ほとんど痛みを感じません。さらに、一定量の薬剤をゆっくりとむらなく注入できる(電動注射器)も利用されています。あごの骨と歯ぐきの間に麻酔薬が入っていく時の痛みを和らげてくれるものです。それに加えて、精神鎮静法を行う歯科医院ならば、治療に対する恐怖も取り除いてくれるというわけです。

慢性の病気を持つ人は

ほかの歯科医院と差別化のために、無痛治療を取り入れる歯科医院が増えていますが、(内容は千差万別)です。表面麻酔だけで無痛治療と称しているところもあれば、精神鎮静法まで扱っているところもあります。歯科医師のスキルまではわからないので、(麻酔学会・歯科麻酔専門医のリスト)を参考にしましょう。受診の際は、既往症についてきちんと申告すること。(高血圧・糖尿病)など、慢性の病気を持つ人は特に注意が必要です。これらの患者さんは不安や恐怖、痛みなどのストレスが加わると、血圧が大きく変化したり、不整脈が起こることがあります。近年では血圧や脈拍、血液中の酸素量を測定しながら治療を行う歯科医院も増えています。このように(身体的・心理的)負担を軽減するため様々な取り組みが行われています。

Copyright© 2015 自由が丘や豊中市の歯医者にいく【やってそんない予防歯科】All Rights Reserved.


Design by Megapx Template by s-hoshino.com