すぐに対処

子どもが虫歯になりやすい理由

子どもというのは、基本的に大人よりも虫歯になりやすいといわれています。その理由は、まず歯磨きがきちんとできないことが多いからです。歯垢を落とす歯の磨き方が身についてないため、口の中の清掃が不十分になります。特に子どもの乳歯は食べカスがたまりやすいので、虫歯菌が繁殖しやすくなります。 また、乳歯のエナメル質や象牙質が弱いことも理由です。乳歯は永久歯の半分ほどの厚みしかないので、虫歯菌にすぐにやられてしまいます。 子供の虫歯を放置してしまうと、大人の歯に上手く生え替われなくなります。その結果、歯並びが悪くなってしまいます。また、虫歯があるとちゃんと食事を噛む事ができず、あごの発育が悪くなります。よって、子どもの虫歯を発見したら、すぐに歯科医院で診てもらう必要があります。

子どものための予防治療

子どもというのは、大人よりも虫歯になりやすいです。よって、歯科医院で定期的な予防治療が必要となります。主な予防治療とは、虫歯に強い歯をつくるフッ素塗布治療が行われます。フッ素をまんべんなく歯に塗布することで、歯の再石灰化を促進することができます。よって、初期虫歯を治療することができます。また、虫歯に強い歯質を作ることが可能です。フッ素塗布は6ヶ月毎の定期歯科検診時に行うと、虫歯の予防効果を高めることができます。 その他の子どもの虫歯予防治療として、シーラントがあります。これは、虫歯ができやすい奥歯の噛む面にシーラントと呼ばれるシールを貼る治療です。奥歯というのは歯ブラシの毛先が届かないので、一番、虫歯ができやすいです。しかし、歯科医院で溝にシールをすることで、虫歯を予防できます。

Copyright© 2015 自由が丘や豊中市の歯医者にいく【やってそんない予防歯科】All Rights Reserved.


Design by Megapx Template by s-hoshino.com